カテゴリー
ブログ

天神ビックバン

福岡が都市型開発! 国家戦略特区プロジェクト 始動2024

天神ビックバンエリア
  1. 1) 航空法高さ制限 エリア単位での特例承認(天神明治通り地区 約17ha,旧大名小学校跡地 約1.3ha
  2. (2) 官民共働型スタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」,スタートアップカフェ
  3. (3) 天神1丁目南ブロック(地区整備計画策定,地下通路整備)
  4. (4) 天神地下街仮設車路の有効活用(天神ふれあい通り駐輪場・地下通路)
  5. (5) 旧大名小学校跡地まちづくり
  6. (6) 水上公園(7)
  7.  地下鉄七隈線延伸事業(8)
  8.  交通混雑の低減に向けた駐車場の隔地化・集約化
  9. (9) 都心循環BRTの形成
  10. (10) 天神ビッグバンの奥座敷(西中洲)の魅力づくりに向けた道路整備と景観誘導
  11. (11) 春吉橋賑わい空間の創出

大まかにまとめると、

①航空法の高さ制限を緩和させて、高い建物を建築できるようにする。

②建物や施設を改築・増設することで事業や店舗を拡大させ、街を活性化させる。

③福岡を活性化させて、人口や観光客数を増やす。

の3つのポイントがこのプロジェクトの主な目的となります。

つまり、建物や商業施設が増えることでビジネスの窓口が広がり、より多くの働きたい人たちを受け入れることができるようになります。

仕事が豊かになることで街が活性化し、施設やサービスが充実すると、観光客をはじめ天神に訪れる人たちがより快適に過ごすことができるようになると考えられています。

古い大型ビルを始め老朽化している建物を壊して新しく高層ビルを建てる!

天神のど真ん中をフルリノベーションをする!!!

東京六本木ヒルズ、森ビルの様な高層ビルがバンバン!!建つのでしょうか。。。

西日本鉄道㈱では、福ビル街区(福岡ビル、天神コアビル、天神第一名店ビルを含む街区)建て替えプロジェクトにおいて、街区全体の同時開発を決定いたしました。併せて、イオングループのイオンモール㈱との間で、同社の新ビルへの出店について合意したため大規模の建て替えが可能になったようです。

当初よりも、2社以上が関わる大規模のプロジェクトになったことでより発展した素晴らしい建物が期待できそうです。

出典:福岡市

航空法の緩和により、10年間で老朽化したオフィスビルなど計30棟のビル建て替えを実施するとされている天神ビッグバン。

他にも旧大名小学校跡地を活用したホテル建設や、複数のオフィスビル・商業施設の建設も予定されています。

ビジネスシーンとしての活躍はもちろん、国内外からの観光客も楽しめる都市としてさらに華やかで、賑やかな街と成長していくでしょう。

また、福岡空港は2019年春から完全民営化されることで、インバウンド観光客がさらに急増するといわれています。

その受け入れ体制も整うことで、アジアの架け橋となり福岡全体がさらに活性化されていくとされています。

ザ・リッツ・カールトン福岡 

2019年の7月に世界的に有名なホテルの「ザ・リッツ・カールトンホテル」の誘致が決まりました!
旧大名小学校跡地を活用し、ザ・リッツ・カールトンホテルを含めた複合施設を2022年にオープンすることが決まっています。

具体的には、
日本で7番目となる「ザ・リッツ・カールトン福岡」の誘致
総面積約30,000㎡となるハイグレードオフィス
都心では珍しい約3,000㎡もの広大な広場、イベントホール

などなど福岡市のあらたな名所になること間違いなしの素敵な場所になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です