カテゴリー
ブログ

西鉄バス

福岡市に引っ越して路線バスが多いと感じる人は多い。市営地下鉄沿線で転居先の家を探した経緯を語れば、古くから住む人に「バスが便利なのにねえ」と言われたことがきっとあるはずだ。目抜き通りでバスが何台も連なる光景はおなじみだ。なぜこれほどまでにバスが福岡市民の足となったのだろうか。

福岡市内の路線バスを運行しているのは西日本鉄道。社名に鉄道とあるのにバス保有台数が多いことは全国でも有名だ。福岡市外を走るグループ会社を合わせると2836台と国内1位。2位の神奈川中央交通グループより800台近く多いという。

目抜き通りを連なって走行する路線バス(福岡市・天神)

グループの路線バスの輸送人員は1日当たり73万5000人で、年間約2億6800万人。年間走行距離は約1億5000万キロメートルと1日になんと地球約10周分…毎日見ない日は無いという西鉄バス!福岡市民最強の公共交通機関。

1日の走行距離が。。。地球10周分って福岡人にとっては身近すぎて。普段意識することの少ない西鉄バス。しかしたった一日でこんなに長い距離走っているとは驚き!!!

 

毎年秋、台風の直撃シーズンになると私たち福岡市民は朝のテレビの交通情報を必ずチェック!実はその時の各交通機関の運行状況で台風のヤバさがわかるというのが都市伝説化しているのです!

福岡市民における交通規制情報と台風の規模との関係性は以下の通りです。
★福岡空港発着の国内線が全便運休 →「まあ、台風やけんね。仕方なかね」
★都市高速道路閉鎖 →「海沿いやし風強いけんね。仕方なかね」
★JR鹿児島本線運休 →「ありゃ。そこそこ大きな台風来とるっちゃんね」
★福岡市営地下鉄運休 →「う~ん、雨戸閉めといたほうがよかね」
★西鉄天神大牟田線運休→「は?今日会社行けんちゃない?」
西鉄バス一部路線で遅延 →「マジでぇぇぇぇぇ!!!今回の台風超ヤバいっちゃない!? 外出たら死ぬばい! 電気もガスも止まるかもしれんけん、水と食料確保せんと!」

ちょっと多少大げさですが、西鉄バスはめったなことでは運休しない、市民にとってもっとも頼りになり欠かすことのできない交通機関だということです。

車内アナウンスも韓国語・中国語・英語等案内もありグーグルマップにも組み込まれているので、電車同様表示してくれるし大変便利で親切丁寧。

<福岡市内のバス路線の運航>

もちろん福岡空港から地下鉄電車1本で30分以内で博多・天神まで行ける事のアクセスも素晴らしいが。市民の公共交通手段として欠かせない西鉄バス

また観光などに便利な1日乗車キップや各地往復キップなど。大変お得感満載!

たまには、気分を変えて西鉄バスで移動するのもありかも。。。

今度、福岡体験バスチケットで見慣れた街中を観光してみよう 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です