カテゴリー
ブログ

3,000万円の特別控除とは

不動産を売却する際には、売却して得られた利益額に応じて税金がかかります。扱う金額が大きいことから、かかる税金も多額になりますので、利用できる控除についてもしっかりと理解し、節税対策を行うことが重要となってきます。
不動産売却にかかる税金の中でも、特に金額が大きい「譲渡所得税」を安く抑えるための制度である「3,000万円の特別控除」について。

湘南海岸不動産福岡営業所

不動産を売却して利益が発生した場合、利益の全てが自分のものになるわけではなく利益に対して税金がかかり、この税金のことを譲渡所得税といいます。

「課税譲渡所得」とは、売却価格から購入価格を差し引いたもので、3,000万円で購入したマイホームを3,500万円で売却した際の課税譲渡所得500万円になります(3,500万円 - 3,000万円 = 500万円)。

「課税譲渡所得」に税率をかけ合わせたものが「譲渡所得税」に該当します。税率は所有期間によって異なります。具体的には、5年以下(短期)と5年超(長期)で税率が異なります。

※参考:下記表

項目 所有期間 所得税 住民税 復興特別所得税 合計
短期譲渡所得 5年以下
の場合
30% 9% 0.63% 39.63%
長期譲渡所得 5年超
の場合
15% 5% 0.315% 20.315%

 3,000万円で購入したマイホームの例で言うと、5年以下の場合として、500万円 × 39.63% = 198.15万円譲渡所得税がかかることになり、思っている以上に大きな金額になるのではないでしょうか?

売却相談は不動産売却専門店湘南海岸不動産福岡営業所まで。

福岡市中央区渡辺通2丁目7-7-1階

TEL092-401-1440 FAX092-401-1441

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です